読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CoderDojo天白(小・中学生のプログラミング道場/名古屋市)

こどもたちがScratchを使ったプログラミングやHTMLコードを学べる道場。名古屋市天白区

ScratchDay2017の準備中です・・・

チラシが出来ました 準備が着々と進行中です。 皆さん、参加して、楽しい、イベントにしませんか!! 待ってまーす!

ScratchDay 2017を今年も開催します! 

ScratchDay 2017 への招待。 今度の5月13日、CoderDojo天白主催、CoderDojo名古屋、ScratchDojo協力で下記内容のScratchDayを行ないます。具体的には、上記3Dojo参加忍者の作品発表、初心者講習、中級者のペア・プログラミングを行ってその発表を行ないます…

Scratch2.0で日本語のボタンやスプライト画像を簡単に使う方法

メンター林です。 Scratch2.0の画像編集ツールは、日本語の文字を取り扱うことができません。日本語対応のフォントを選ぶことができないからです。Dojoでもよく質問されます。 そこで、外部の無料サイトを活用して簡単に日本語の画像を取り扱う方法をご紹介…

【終了報告】ScratchDay 2016 in Nagoya

日時:2016年5月14日(土)13:30~16:00 場所:名古屋市天白区生涯学習センター 主催:CoderDojo天白/名古屋/浜松 熱心に画面に見入る目 プロローグ 5月の第2土曜日、昨年は別途開催しているScratch勉強会でこじんまりと実施した。そして、CoderDojo天白とし…

Scratch Day 2016 in Nagoya(5/14) のプログラム内容を発表!

5月14日(土)はScratchDayとして、全世界的にScratch関連のイベントが開催されます。 名古屋でもCoderDojo名古屋とCoderDojo天白を中心にScratchDayイベントを開催することになりました。 その内容が発表できるようになりましたので、ご案内いたします。 普段…

ドット絵を書いてスクラッチで動かそう

メンターの林です。Scratchで作品を作ると、ぱっと見の作風が似てきます。多くの場合、スクラッチ内のコスチューム画像加工ツールを使った手書きイラストか、Scratch Cat(例のネコ)に代表される標準の画像ライブラリを利用するからです。 Dojoでパソコンで絵…

プログラミングノートを作ろうという話

photo by juhansonin メンターの林です。 現在、CoderDojo天白の忍者(子供)たち数名が、プログラミングコンテストに参加しようと作品を作っています。*1 コンテスト参加者向けの指導をする中で感じたり、考えたことを久しぶりに、普段の活動報告以外の記事と…

スクラッチのスタジオ・ビューアーができました

スクラッチ・ユーザーの皆さん、スタジオ作品を見るとき、どうしていますか? 一つずつ、クリックするのはちょっと大変という方も見えませんか・・・ そんな時、このビューアを使ってみてください! 一覧から次々とみていくことができます。 便利ですよ! 実…

『コードすることを学び,学ぶためにコードしよう』

メンターの林です。 情報処理学会の学会誌の巻頭コラムが無料で公開されています。 スクラッチの開発者である 「ミッチェル・レズニック」さん による文章で タイトルは 『コードすることを学び,学ぶためにコードしよう』 子供達にとって「書くこと」の重要…

資料の整備

CoderDojo天白の開催の際、100円~200円の寄付を会場費等としてお願いしています。寄付金の使途の一端として、関連図書を購入し希望の方には例会時に回覧したいと思います。 現在、下記にある図書・資料が手元にあります。

Scratch(スクラッチ)の1.4と2.0の違いは?

Scratch(スクラッチ)には1.4と2.0の2つがあります。 主な違いについてまとめてみました。 なんとなく、2.0のが数字が大きいので良い物の気がしますが、1.4も良いところがあります。

Scratch(スクラッチ)をiPadでつかう方法

photo by Ant McNeill 使わなくなったiPadなどのタブレットを子供に使わせている方も多いのではないでしょうか? YouTubeやマインクラフトなどゲーム専用機にするのはもったいないので、是非Scratchもはじめてみましょう。 ScratchはパソコンがなくてもiPad(…

Scratch(スクラッチ)について

Scratchについて ひらがなが読めれば、プログラミングできます。 Scratchは初心者でも正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られ、遊び心のある実験やインタラクティブアニメーション、ゲームなどの製作を通してさらなる学習のやる気を起こさせること…