CoderDojo天白(小・中学生のプログラミング道場/名古屋市)

こどもたちがScratchを使ったプログラミングやHTMLコードを学べる道場。名古屋市天白区

【例会終了報告:CoderDojo天白-N009 】

日時:2017年9月16日(土)13:30~15:30

場所:天白区社会福祉協議会 研修室

参加忍者 : テキストプログラミング 5名  Scratch 8名

メンター: 松成さん、村林さん、山吉さん、玉井さん、アゼント君、松田

❖ 今日の一枚     

▽会のはじまり、チャンピオンからすこしDojoの説明があります

f:id:whomeantan:20170917232044j:plain

○第1コーナー

❖ テキストプログラミング第5回目 講師 村林 工さん

※毎回の資料は以下にあります。 

http://coderdojo-tempaku.com/

まとめは、講師・村林さんです。

【テキストプログラミング】

今回は次の授業まで間が空いてしまうことから、次の部分にはあまり進まず、今までの復習として、画面上のキャラクターをいろいろと動かして遊びました。

私のほうも色々お手伝いなどして、自分のキャラクターを敵が追っかけてくるようにしてみたり、線を書くようにキャラクターを動かしてみたりと皆さんの個性を活かした作品ができていたと思います。ゆっくり進めているので、ちょっとずつ皆さんの理解度も深まってきたのではないでしょうか! ?

次は私はお休みいたしますので、プログラムを打ち込むアプリ(テキストエディタ)となかよくするための課題をやってもらおうかと思います。

f:id:whomeantan:20170917232632j:plain △写真は授業風景、新しいメンバーも加わって・・・

❖第2コーナー

Scratch テーマは「宇宙」  講師 松成文夫さん(チャンピオン)

毎月、一回は技術的なもの、もう一回は内容的なものと、交互のテーマでやっていきたいとのこと。今回は内容のほうです。

はじめは、ネットにつながらない、ちょっと遅れてきたなどで、親御さんもついて、パソコンの設定や準備に追われます。パソコンが一台、ネットにうまくつながらなくて、メンターのアゼント君が「僕のをつかって下さい」と。忍者も借りて、作品制作に向かいました。よかったね。

▽写真は、会の始まりの様子 f:id:whomeantan:20170917233045j:plain

❖ただいま制作中

お隣りさんと相談したり、親御さんやメンターに聞いたり、と画面みながら、みんな一生懸命に考えています。ゆっくり考える時間はとても大切、なにをどんなふうに動かしたいのか、メンターさんに「何を聞けばいいのか」もありますね。

今回は「宇宙」がテーマなので、みんなよく似たイラストをつかっています。ちょっと覗くと、地球、土星、ロケットが良く使われていました。

▽写真は楽しそうにパソコンに向かう忍者たち f:id:whomeantan:20170917233333j:plain

❖ 作品発表の時間で~す♪♬

先回はテキスト組からでしたが、今回はスクラッチ組の作品発表から。まだ発表になれていない子も、マイク片手に話すの大変だね。そのあと「どこが難しかった?」「工夫したところは?」と講師が聞きます。また、忍者同士で互いに感想を言いますが、そのひとこと、がなかなか出てきません。なんでもいいよ、「面白かった」でもみんな励ましになるよ、と講師のアドバイス。

それぞれのテーマは、<宇宙でおにごっこ 3秒で逃げ切るには><ロケットが宇宙に飛んでいく><台風の雲を動かす><星で宇宙に模様を描く><宇宙旅行>など。

ゆっくり発表をやっていたら時間がたちまちすぎていきました。一部、急ぐ忍者たちは帰ったため、テキストのほうはHくんが代表で、ということになりました。「くまがゾンビから逃げる」ゾンビに近づくとブルブルと震える、という動きを発表してくれました。「ぶるぶると震える」ところが大好評でした。作った本人も楽しそうです。

▽写真は、発表の様子 f:id:whomeantan:20170917233712j:plain

❖集合写真

今日は雨降り、みんな傘を忘れないようにね、といっていたら、一人も忘れず、傘立てはきれいになくなり、ほっとしました。さて、協力してくださった、メンターさん、親御さん、みなさんありがとうございました。お疲れ様でした。

f:id:whomeantan:20170917233913j:plain

❖寄附

5000円の寄付を頂きました。

❖ 次回10月7日の案内

下記からお申込み下さい。

tempaku.connpass.com

記録 松田

CoderDojo天白 10月例会を公開しています

 連絡1. 遅くなりましたが、CoderDojo天白 10月を公開しています。

f:id:whomeantan:20170917193315j:plain

内容はScratchの自主制作とテキスト・プログラミングの授業ですが、授業の方は自習になります。 まだ、余裕がありますので、下記からお申込み下さい。

tempaku.connpass.com

連絡2. 「体験の風を起こそう」のイベントも公開されています。

** Dojoをやっていると、今まで、あまり何にも興味を示さなかったけど、パソコンだけには興味が続くと言われる人に会います。今までの習い事とはちょっと違うとこがあるのでしょう。そんな才能を見つけるためのイベントでもあります。

** 日頃からScratchに触ってる方には遊びリンピックで腕をふるって下さい。松本零士先生のメダルが貰えます(^^) お楽しみに!

応募者がまだまだ少ないですので、是非、ご応募下さい。

tempaku.connpass.com

連絡3.10月7日のScratchDojoも公開されています。

CoderDojo天白とは別に、同日、午前、ScratchDojo 原が開催されます。

  • 今回から、マインドストームの工作・プログラミングがはじまります。機材はマインドストーム NXTです。借り物ですので、若干の借用料を御願いしているのと抽選制にしています。こちらも下記からご応募下さい。

scratchdojo.connpass.com

是非、よろしくお願いします。

記録 松成文夫

プログラミング体験で可能性を探そう! 公開しました

f:id:whomeantan:20170907093650j:plain

プログラミング体験で可能性を探そう!

晩秋の一日、名古屋で4歳児から高校生までの子どもを対象にしたプログラミング・イベントを行ないます。プログラミングがまったく初めての方からベテランの人まで、小さい子どもさんから大きな高校生まで、みんな一緒に楽しみましょう。

今回も「未来を担う子どもたちに大きな夢を」をスローガンにしている国立青少年教育振興機構の子どもゆめ基金の助成を受けます。午前は初心者から、また、年少者からの体験学習を行ないます。さらに、第2部として、国立青少年教育振興機構の関連で「体験の風を起こそう」に参加して、「子ども体験遊びリンピック」を行ないます。遊びリンピックの成績優秀者には松本零士先生デザインの金賞・銀賞・銅賞のメダルが与えられます。是非、頑張ってください。

また、本イベントは名古屋市教育委員会の後援を受けています。

開催日時・・・10月28日(土曜日) 午前9時30分~16時10分

開催場所 ・・名古屋市天白区 天白生涯学習センター

■ 当日のスケジュール

  9:00 スタッフ集合・準備
  9:30 受付開始・・・組み分け

 10:00~12:00 第1部・プログラミング体験活動(定員50名)全般指導:寺島 志郎メンター

  ● 初めてのビスケットを体験しよう・・・幼児~小2  指導:松田美知子メンター
  ● 初めてのScratch を体験しよう・・・小2~小6   指導:玉井 江里子メンター
  ● 初めてのペア・プログラミングを体験しよう・小4~ 指導:宇津 義一メンター

12:00~12:45 昼食休憩

  12:45 第2部受付・・・組み分け

 13:00~15:00 第2部・子ども体験遊びりんピック作品作り(定員50名)全般指導:宇津 義一メンター

☆★ 目立った作品には松本零士先生デザインのメダルが貰えるよ ★☆
  ● 楽しいビスケット                 指導:山吉 修メンター
  ● Scratch作品、 お題は当日に           指導:岩田 宙子メンター
  ● Scratch作品、自分の得意なお題で        指導:久保 友悟メンター

 15:00~16:00 作品発表と交流

  16:00~16:10 表彰
  16:10~16:30  片付け後、解散

❒ ビスケットについて

デジタルポケット社の原田康徳(はかせ)によって開発された4歳からのプログラミング言語です。メガネと呼ばれる左右2つの円で、左の円に置かれたものが右の円に置かれたものに変化すると言うことをプログラムと呼び、幾つかのメガネを書いて、全体のプログラムを作ります。当然、あまり複雑なことは出来ませんが、プログラム的な物を考える力を養成することが出来るかと思います。詳しくは下記をご覧ください。
    http://www.viscuit.com/

❒ Scratchについて

ScratchはMITで開発された視覚型プログラミング言語です。特に8歳から16歳向けにデザインされていて、文字言語ではなく、積み木のようなブロックを積み重ねる事によってプログラムを作ります。現在、日本での子どもたちのプログラミング言語として広く使われています。詳しくは下記をご覧ください。
    https://scratch.mit.edu/about

■ 参加費は無料です。

 ※ CoderDojoの趣旨に賛同していただいての寄附は喜んでお受けします。

 ※ 皆さんとの親睦のため、100円~300円程度のお菓子を寄附いただけると有り難いかと思います。

■ 参加に際してのお願い

 ※ インターネット接続できるパソコン、又はタブレットを持参下さい。
  ◆ Scratchはノートパソコン、ビスケットはタブレットが使いやすいと思います。
 ※ インターネット接続はwifi が使えますが、数に限度があります。
  ◆ ご自分のスマホのテザリングが使える方は、できるだけ、そちらをお使い下さい。
  ◆ 安全のため、Scratch2.0を事前にインストールしてきてもらえるといいかと思います。
    https://scratch.mit.edu/download
 ※ 午前の部(第1部)は9:30、午後の部(第2部)は12:45から受付を始めます。時間厳守で受付へおいで下さい。
 ※ 年少者の参加は保護者同伴でお願いします。特にビスケットの参加は保護者同伴で願いします。
 ※ 何人かの子どもさんが別枠で参加される場合、お手数ですが別メールアドレスで別途お申込み下さい。

 ■ 連絡先

今回のイベントについてのお問合わせがある方、またメンター、ボランティアをお願いできる方は下記へ連絡をお願いします。
    corderdojotempaku@gmail.com 

申し込み

参加を希望される方は下記から申し込んで下さい。

tempaku.connpass.com

【例会終了報告:CoderDojo天白-N008 】

日時:2017年9月2日(土)13:30~15:30

場所:天白区社会福祉協議会 研修室

参加忍者 : テキストプログラミング 4名  Scratch 8名

メンター : 松成さん、村林さん、山吉さん、岸本さん、松田

❖ 今日の一枚   いつも楽しそうに作品作り 

f:id:whomeantan:20170904003755j:plain

❖ 第1コーナー

テキストプログラミング 4回 : 講師 村林さん

※テキストプログラミング毎回の資料は以下にあります。 
http://coder_dojo.murabayashi.info/  

 

まとめは、講師・村林さんです。

【テキストプログラミング(Javascript)】 今回は今までのおさらいをしたのちにキーボードでキャラクターを動かすということにチャレンジしました。 前回学習したif文を使ってキーボードが押されているかどうかを調べて、キャラクターを動かしていったり、画面外にキャラクターが出ないようにキャラクターが動ける範囲に制限を設けたりしました。 何個もif文が出てくるとプログラムが一気に複雑になり、皆さん苦戦していた様子でしたが、…その中で自分で一生懸命考えたり、メンターの力を借りたりしながら、着実に前に進んでいる様子でした。

▽写真はテキストプログラミングの授業風景です。

f:id:whomeantan:20170904004221j:plain

❖ 第2コーナー

Scratch 変数について  : 講師 松成さん(チャンピオン)

プログラミングにおける変数について、の授業がありました。講師はさらっと話されました。そのあと、どのように使おうとしているか、みんなに聞いていきました。なかなか難しいのですが、実際には自主制作の中で、使っていくと少しずつその意味もわかるようになっていくのでしょう。

スコアを表示したり、倒した敵の数をカウントしたい時、プログラムの中にこれらを入れておく入れ物が必要になります。 プログラミングの世界では、この入れ物のことを変数と呼んでいます。Scratch でも変数の機能があり、数値や文字列どちらも使えます。

▽写真は制作中の皆さん、最近は家で作ってくる忍者もいます。それをさらに頭を悩ませながら工夫しています。

f:id:whomeantan:20170904004538j:plain

❖ さあ作品発表、だれから?

テキストプログラミングと、Scratchの作品発表を行いました。今回はテキストの忍者たちかさっさと手をあげて発表。気持ちよく進みました。Scratchのほうの忍者たちは、ちょっと順番を戸惑いながら、講師に押されながらの登場です。マリオ風ゲーム、なぞなぞ、シューティングゲーム、タイマー、くじびきなど、それぞれの作品を発表しました。「途中になったひとも、ちゃんと最後まで作りましょう」と講師のお話でした。

▽写真は忍者一人ずつ、苦労したこと、やりたかったことなども話しながら、作品を発表しています。

f:id:whomeantan:20170904004657j:plain

f:id:whomeantan:20170904004817j:plain

❖集合写真 

長い夏休みも終わりました。残暑は続いていますが、なにかしら涼しい風を感じるときがあります。お体大切にしてください。 今日も協力してくださった、メンターさん、親御さん、みなさんありがとうございました。お疲れ様でした。

f:id:whomeantan:20170904005002j:plain

❖寄附

4000円の寄附を頂きました。

❖ 次回の案内

下記からお申込み下さい。

tempaku.connpass.com

記録 松田

【例会終了報告:CoderDojo天白-N007 】

日時:2017年8月26日(土)13:30~15:30

場所:天白区社会福祉協議会 研修室

参加忍者 : テキストプログラミング 4名  Scratch 8名

メンター: 松成さん、村林さん、玉井さん、岸本さん、松田

❖ 今日の一枚 Scratchで、仲良し

f:id:whomeantan:20170827221434j:plain

○第1コーナー

❖ テキストプログラミング第3回 : 講師 村林さん

Hさん姉妹(小学4年生と6年生)が毎回参加されています。「英語も習っていない単語が出てくるのでわからないこともあるけど」とお姉さんのほう。妹さんは「テキストをコピーして貼り付ける場所が難しい」とのこと。それでも毎回発表してくれています。今回は中学生も参加、「ひとりで資料を見てできるところは家でやり、わからないところは聞いて」と、自主的。いろんな参加の仕方があります。

※テキストプログラミング毎回の資料 ⇒ http://coder_dojo.murabayashi.info/ 

f:id:whomeantan:20170827223704j:plain

▼講師&メンターの村林さんに今回の感想などをお願いしました。

今日は前回よりもより複雑なプログラミングにチャレンジしました。イベント、if文などを学び、より本格的なプログラミングになっていきました。Scrachでも同じようなものはあるので、それと対比させながら極力わかりやすく説明しながら進めていきました。

プログラミングの分量も多くなってまいりましたので、テキストのコピー&ペーストを学び、効率よくプログラムを書いていきました。ただペーストする場所を間違えたり、と時には苦労しながらメンターと協力しながら進めていたのが印象的です。一文字間違えただけで動かなくなるプログラム。家だと間違いを探すのに苦戦すると思いますので、ぜひこのような場を効率的に使っていただければと思います。

if文を駆使して途中で速度を変えながらキャラクターを変えるプログラムを作成したのを、最後に発表しました。皆さん、テキストプログラミングを始めたばかりなのに、よくできていると思います。   

○第2コーナー

❖ Scratch で棒人間のアニメーション : 講師 松成さん

今日はDojo初めての新しい方も何人かみえましたので、松成チャンピオン(代表)からのお話がありました。お子さんと親御さんも参加されて、「CoderDojoとは」というガイダンスを見ました。

さて、今日の小さい授業 お題は「棒人間」 

Scratchの参加者には毎回、今日はなにつくるの?と一人ずつチャンピオンが聞きます。前もって考えてくる子もいますが、当日考える子もいます。今日は棒人間をみんなで描いて、走る、歩く、端についたら跳ね返る、などのスクリプトをつけました。それから背景をつけたり、棒人間の髪の毛をポニーテールにしたり、動きをスイカ割や、サッカーゲームと、それぞれがやりたいことを加えていきました。走ると背中に風を受ける様子を描くのは、アニメをよくみている子かな。

f:id:whomeantan:20170827223616j:plain

メンターさんや親御さんにアドバイスをもらいながら、自分のやりたいことを明確にしていきます。技術的には難しいことも一杯ありますが、それは、これからのDojoで学んでください。久しぶりにR君が来てくれました。夏休みの自由研究にしたいとか、元気いっぱいでした。

❖ 作品発表タイム!

テキストプログラミングと、Scratchの作品発表を行いました。忍者は自分で工夫したところ、苦労したところ、などを話します。そして、最近では、作品の感想を他の忍者にも聞いています。「できるだけ良いところ言ってあげましょう」と講師のお話でした。

f:id:whomeantan:20170827224023j:plain

❖集合写真 

協力してくださった、メンターさん、親御さん、みなさんありがとうございました。 お疲れ様でした。また次回会えるのを楽しみにしています。

f:id:whomeantan:20170827224216j:plain

❖寄附

5000円の寄付を頂きました。

❖ 次回9月の案内

以下は申込み先、自主制作のテーマは「変数」です。 https://tempaku.connpass.com/event/63579/

記録 松田