読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CoderDojo天白(小・中学生のプログラミング道場/名古屋市)

こどもたちがScratchを使ったプログラミングやHTMLコードを学べる道場。名古屋市天白区

【例会終了報告:CoderDojo天白-N001

日時:2017年4月22日(土)13:30~15:30

場所:天白区社会福祉協議会 研修室

今日の一枚

f:id:whomeantan:20170423103943j:plain 今回はCoderDojo天白のリニューアル・オープンに集まってくれた人。

今回から前のCoderDojo天白をCoderDojo天白とScratchDojo に分解してはじめての例会。
趣旨は次のようなこと。

  • CoderDojoの理念にしたがって、参加費は徴収しないで、寄附で会計をやっていく。
  • 月1回でもあり、授業はしないで、自主的な作品作りが出来るような方向を模索する。
    参加してくれたメンターは山本さん、アゼントさん、山吉さん、松田さん、岸本さん、才川さんとたくさん集まってくれた。一方、忍者のの方はconnpass申込みは10人あったが、実際は5人+飛び入りの2人。午前は欠席1名。この差はなんだろう?

作品作成

リニューアル最初の回ということで、CoderDojoとはどういうところかをCoderDojoJapanの資料から簡単に説明した。テーマは教えられるのではなく、自分で考えるということを強調した。取り敢えずはこれをモットーにしよう。
事前に何をやるか、テーマをアンケートで聞いていた。また、予定としては、ペアプログラミングを考えていた。メンターの数と忍者の数がほぼ同じ程度だったので、メンターと忍者でメンターが指導しながら進めていくという形を取った。
最初、今日のテーマを聞くと、何も考えてないとのことだったが、15分のテーマ考慮時間の間にパソコンが動き出し、15分後にはみんなテーマを出してくれた。本当はみんな考えていたのだろうと思うけど・・・ f:id:whomeantan:20170423120016j:plain

作品発表

f:id:whomeantan:20170423120228j:plain 何時もの発表風景。心なしか、進捗が少なかった気がする。ちょっと、CoderDojoの話などしたから、時間が短かったかな。
ひとり、後ろでマイペースでScratchDayの準備をしているといったHくんも重い腰を上げて、発表してくれた。

集合写真は前出。

謝辞

今日も沢山のメンターさんが参加してくれました。有難うございました。

寄附

今回、3名の方から1,500円の寄付を頂きました。CoderDojo天白は無料だということが上手く伝わってないようだったが、参加費ではなく、寄附というこtで頂いた。

次回の案内

次回は下記からお申込み下さい。定員を10名に増やしました。

tempaku.connpass.com

以上

記録 松成 文夫

ScratchDay 2017を今年も開催します! 

ScratchDay 2017 への招待。

今度の5月13日、CoderDojo天白主催、CoderDojo名古屋、ScratchDojo協力で下記内容のScratchDayを行ないます。具体的には、上記3Dojo参加忍者の作品発表、初心者講習、中級者のペア・プログラミングを行ってその発表を行ないます。

特別イベントとして、天白・名古屋のちびっこメンターに作品発表をしてもらえます。

更に、フリーランスで活躍されている 前田 康行 さんに「プログラミング教育の成り立ち」と題しての講演をお願いしています。

更に、電子工作の展示として、喋るロボット「マグボット」の展示も予定しています。

更に更に、幼児の方には4歳からのプログラミング、ビスケットで遊んでもらえます。これはパソコン、または、タブレットで使えます。

お申し込みは初心者講習、ペアプログラミング、一般として定員を設けさせてもらっています。全員で100名程度になります。家族で見える場合は参加人数をアンケートでおしらせ下さい。兄弟で講習に参加される場合は別々にお申込み下さい。

なお、このイベントは子どもゆめ基金の助成を受け、名古屋市教育委員会の後援を申請中です。


1. 目的

 MITの提唱するScratchDay2017に呼応して、CoderDojo天白で名古屋市および周辺の子どもたちにプログラミングを体験する場を提供して、今後の世の中のIT化に対応できる人材育成のきっかけとする。

2. 開催場所

 名古屋市天白生涯学習センター、第1集会室

3. タイムスケジュール

 開催日:2017年5月13日(土)

 第1集会室全般
  12:50~13:10 設営・準備
  16:17~16:30 片付け&終了
  13:00~16:00  受付


 発表コーナー
  13:10(準備でき次第)挨拶
  13:12~13:30 忍者発表会
  13:40~14:40 講演
  14:45~15:05 初心者発表
  15:10~15:30 ペアプロ発表
  15:35~16:05 ちびっこメンター
  16:05~16:15 表彰
  16:15~16:17 挨拶


 講習コーナー1
  13:35~14:40 初心者講習 


 講習コーナー2
  13:35~15:05 ペアプログラミング


 展示コーナー
  13:30~16:00 展示&ビスケット

お申込み・・・下記から、お申込み下さい!
tempaku.connpass.com

【終了報告】第51回CoderDojo天白

日時:2017年3月25日(土)10:00~12:00、13:30~15:30

場所:天白区生涯学習センター研修室

今日の一枚

f:id:whomeantan:20170331205538j:plain お兄ちゃん、弟くん、うまく動くようになったね(^^)。家族で応援です。

今回で第一期CoderDojo天白は終了。次回からはまた、新しい形でDojoを開始する。そんな気持ちはチャンピオンの僕だけか。みんな淡々と通常のDojoと変わらない態度だった。

午前の部 10:00~12:00

Scratchの授業

f:id:whomeantan:20170331211326j:plain

5/13のScratchDayに向けて、各自、思い思いに作っている。メンターも見守ると言った程度かな。

  • 今回のメンターは寺島さん、山吉さん、岸本さん、才川さん、ちびっこメンターの面々です。

電子工作

f:id:whomeantan:20170331212912j:plain こちらも期末ということでみんな完成に向けて頑張ってるのかな・・・

  • 今回のメンターは菊池さん、山本さん、河原さん、、、保護者の皆さん。

自主制作

f:id:whomeantan:20170331214202j:plain 自主制作は3人。ちょっと少ないが、マイペースがいいのかな。

  • 今回のメンターは、松成と才川さんがときどき声をかける程度。

発表風景

f:id:whomeantan:20170331215130j:plain 思い思いの作品作りをしていた。宝島もあった、イライラ棒でおむすびころりんと結びつけたものが感じが良い。 段々と発表練習も大きな声ではっきりと言ってもらう練習をしたい。

午前の集合写真

f:id:whomeantan:20170331220455j:plain 今回も沢山集まってくれた。写真も結構まとまりよくとれるようになった。


午後の部

午後の一枚

f:id:whomeantan:20170331221153j:plain 午後はビデオをやったが、頭、身体、手を使っていろいろと検討していたSくん。

午後の内容

今回は最後でも有り、なにか、珍しいものと思って、ビデオを取り上げた。サンプルはmresさんのサッカー。 WWC Soccer remix on Scratch これをリミックスして各自で作ってくれた。

f:id:whomeantan:20170331222619j:plain 自習の人も加わって、みんな楽しく、作ってくれた。

発表風景

f:id:whomeantan:20170331223037j:plain プレゼントが落ちてきたり、シューティングゲーム的な物もあり、メンターの才川さんも加わって、風船を上げてくれたりして賑やかな感じになった。

午後の集合写真

f:id:whomeantan:20170331223449j:plain 午前午後と続けてる人もいて、お疲れ様でした。

謝謝

午後も残ってくれた、山本さん、山吉さん、才川さん、それに午後からの松田さん有難うございました。

募金

10500円頂きました。有難うございます。

今後

CoderDojo天白はひとまず、第一期は終了です。4月からはまた、試行錯誤しながらやり方を変えてやっていきたいと思います。2年半、有難うございました。

記録

松成文夫(チャンピオン)

【終了報告】第50回 CoderDojo天白

日時:2017年3月18日(土)10:00~12:00, 13:30~15:30

場所:天白区社会福祉協議会研修室

今日の一枚

f:id:whomeantan:20170320183327j:plain 今日は人数が多くて、後ろからの写真になりました。

今回は応募が多かったですね・・・。人数をなるべく制限しない方向でやってきています。また、参加グループをアンケートでおこなっていますが、4月からは割り切ってグループ別の参加にします。また、見学者も4名みえました。メンターの参加も多かったですね、有難うございます。

午前の部(10:00~12:00)

授業風景

f:id:whomeantan:20170320185424j:plain 今回も午前は、スクラッチ授業、電子工作、自主制作の3つのコースに分けて実施しました。忍者全員で20数名。ScratchDayを予定していて、それに向けてScratchの授業も自主制作だが、テーマを付けておこなった。忍者みんなでそれぞれ、上手く作っていたようだった。 今回は参加者が多かったこともあり、電子工作、自主制作の皆さんの内容を十分に把握することができなかった。

発表風景

f:id:whomeantan:20170320223838j:plain この頃、発表に慣れたのか、みんな平気で発表できるようになった。プログラミングは自己表現の手段だと思えば、発表は重要だろう。もう一つ、気がつくのは、学年の上下はあまり気にしていないみたい。技術的なことは、実力次第ということが、自然と身についているのかもしれない。

集合写真

f:id:whomeantan:20170321161652j:plain 今回は多かった。小さい子も混じって、嬉しそう。何時もの風景ではある。見学のメンターさんも入ってくれました。

午後の部(13:30~15:30)

授業&自習

f:id:whomeantan:20170321162959j:plain 授業と自主・自習の忍者が4人ずつくらい。初心者に対しての授業としてクローンを扱った。クローンの概念を簡単に説明して、クローンで何を増やしたいかと問いかけると、即、Aちゃんが手を挙げて「花」と言ってくれた。他にはというと「お金」という声が大人のメンターからあった。他に声がなかったので「花」を自分で描いてクローンで増やすことにした。

発表風景

f:id:whomeantan:20170321171949j:plain 午後、残った忍者、午後から参加した忍者が計4人ほど。メンターもたくさん残ってくれたけど、忍者はマイペースでやっていた。スターウオーズにハマっている忍者、勝負でどちらの面積が多くなるか、きれいなゲームを作っている忍者などそれぞれに楽しんでいる雰囲気が伺われた。

集合写真

f:id:whomeantan:20170321181854j:plain みんな楽しい時間を過ごしたのかな・・・ちょっと弾けたKくんでした。

謝辞

  • 今回は午前参加の菊池さん、寺島さん、林さん、才川さんそれにちびっこメンターのSちゃん、全日参加のアゼントくん、岸本さん、山本さん、山吉さん、午後から参加の松田さん、皆さんありがとうございました。
  • 見学メンターの吉田さん、立野さん、田渕さん、小泉さん、また、時間の都合がつきましたら覗いて下さい。

募金

  • 参加費として、12,500円
  • 寄附として  500円 有難うございました。

記録 松成文夫